Copyright © 2017 kentaro68  All Rights Reserved.

April 12, 2018

October 25, 2017

Please reload

最新記事

見えることの限界 ー馬場健太郎、ティル・ナ・ノーグギャラリー個展

March 27, 2017

1/2
Please reload

特集記事

イタリアバロックと現代美術

October 9, 2013

10月4日 大久保にある日本福音ルーテル教会にてイタリアバロックの世界 阿部早季子ソプラノリサイタルに出かける。17世紀から18世紀のイタリア音楽は大変奥が深い。
ミラノでお世話になった阿部早季子さんの歌声とバロックハープ、チェンバロ、バロックチェロ、リコーダー古学の世界は優雅で、華々しく変容する19世紀以降の世界漂わせる。
ミラノの薄汚れた石作りのバルコニーが思い出された。

10月8日 茅場町 森岡書店 坂木優子 個展
GIFT FROM THE SEA 近所の海岸で採取したであろう貝殻やサンゴなどを丁寧に描いている。背景の黒が、マットで興味深い。

タカイシイギャラリー ルーク・ファウラー&角田俊也 
"LEADER AS GUTTER" 12日(土)まで

音は空気の振動である。その事は、教会内での阿部さんの歌声にうっとりしながら十分に感じる事が出来た。角田さんの世界はそこに存在する光と時間を連動させる。16mmフィルムの映像を積み上げたアクリル板に横から投影する事で光を反射拡散させ時間と空間そして記憶の世界をこちら側に投げ掛ける。個人的な体験を人の共通認識まで高める装置ともいえる。不思議な体験である。そしてバッロク音楽とも、なぜか似ていると感じた。

渋谷 ギャラリエ・アンドウ 内海聖志展 星の話 
絵画を考える。考え抜く。その絵画の排他的で専制的な部分を多角的な方向へ導こうと提示する。その果敢な挑戦は今後も続くだろう。日本の美術環境の中からもペインターはしっかり生まれてくるんだと実感した。

夏に頂いて、食べた枇杷があまりにも美味しかったので、洗って土に埋めておいた、そこから芽が出てきた。あの美味しい枇杷が実るのはいつになるだろうか?
 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索