Copyright © 2017 kentaro68  All Rights Reserved.

April 12, 2018

October 25, 2017

Please reload

最新記事

見えることの限界 ー馬場健太郎、ティル・ナ・ノーグギャラリー個展

March 27, 2017

1/2
Please reload

特集記事

儚い永続性

August 3, 2013

視覚を通して体に染み入る様なモノは、多くはない。
特にギャラリーや美術館で見るアートと呼ばれるモノを見る時には、「アート」だと予め決め込んでみているのだ。僕らは「アート」という名の免罪符をつかいすぎているのかもしれない。たまに、そういう思い込みを裏切られる出会いほど嬉しいモノはない。

ミズマアートギャラリーでの宮永愛子展「house」の最終日。
ナフタリンで作られた日用品がライトアップして展示されていた。椅子やハイヒールが遠い世界の全く別な「何か」に感じられる。
不思議な感覚だった。視覚を通して皮膚で感じる作品だと思った。
 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索