Copyright © 2017 kentaro68  All Rights Reserved.

April 12, 2018

October 25, 2017

Please reload

最新記事

見えることの限界 ー馬場健太郎、ティル・ナ・ノーグギャラリー個展

March 27, 2017

1/2
Please reload

特集記事

ユニコーン

May 22, 2013

国立新美術館に「貴婦人と一角獣」展を見に行く。観客の年齢層が高い。
特にこの日は女性が多かった。

6点からなるこのタピスリー(仏)タペストリー(英)と言う表記もある。まず、これらを見て私はすぐにボッティチェッリの「春」や「ヴィーナスの誕生を思い出した。確かに同時代だ。フィレンチェで起こったルネッサンスはフランスにも多くの影響を与え、嫁いだ王妃の持ち込んだナイフとフォーク。数多くの料理人がフランス料理の原型にもなった。つまりそれ以前は、手かスプーンの様なモノで食事をしていたのだろう。それだけイタリア・フィレンチェは最先端の栄華を誇っていたと推測される。
 

 

 

 
美術評論家の早見氏によれば1400年頃の「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」の影響もあるとの事。
 

 
なるほど。見れば見るほどこのゴブラン織に惹き込まれる。私は10年程前にニューヨークメトロポリタン美術館別館(クロイスターズ)で見た。捕われる一角獣を見て以来一角獣に関しては、少し可哀想なイメージを持っていた。
 

 

 

 
しかしこの一角獣は穏やかに貴婦人を見つめている。その貴婦人は小箱から宝石を出そうとしているのか?またしまおうとしているのか? 謎である。


6点の内5点は「味覚」「聴覚」「視覚」「嗅覚」「触覚」と言うタイトルでこれは理解できる。しかし「我が唯一つの望み」は不思議な絵である。これらは当時の権力者ジャン・ル・ヴィストが自身の結婚祝いの為に作らせたと言われ、トルコの国旗にも似た三つの三日月の紋章が描かれている。

私の浅知恵でも結婚の為の絵柄にしては、あまりめでたく訳で、仮に女性が首飾りを永遠に仕舞おうをしているのであれば、複雑な心境を描いた事になる。そしてタイトルが「我が唯一つの望み」と言う。一体なにが望みだったのだろうか?と思いを巡らせるのもこのタピスリー鑑賞の面白い所かもしれない。

全く関係ないが、4年程前に母親とイタリアを旅しフィレンチェで突然ゴブラン織が欲しいなどと言い出した。しかたなく朝市でしかも値切って買ったフィレンチェの街並を描いたその織物は、実家の壁の穴を隠す為に飾られている。
 

 

7月15日まで 国立新美術館

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索