Copyright © 2017 kentaro68  All Rights Reserved.

April 12, 2018

October 25, 2017

Please reload

最新記事

見えることの限界 ー馬場健太郎、ティル・ナ・ノーグギャラリー個展

March 27, 2017

1/2
Please reload

特集記事

ラファエロ・サンツィオ

May 21, 2013

1500年代初頭に活躍したルネッサンスの巨匠。
 

 
「大公の聖母」の背景はおそらく100年後くらいに黒に塗られたであろうと言われている。その無名レタッチャー(修復家)も相当な腕の持ち主だったであろうと思う。特にマリアの左手の表現がもの凄い。画面全体の雰囲気も含め、惹き込まれると言うより見れた事に感謝の気持ちすら湧いた。一点一点の見せ方が見事でイタリアで見るより確実に見やすい。まさか日本で見られるとは。その後、池袋に移動しパリから帰国したばかり吉村芳生さんの帰国報告会を聞く。多作であること。現代生を表現する事。独自なモノを探る事。還暦前後であろう画家のエネルギーに少し酔った。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索