Copyright © 2017 kentaro68  All Rights Reserved.

Please reload

​My SNS

May 22, 2013

国立新美術館に「貴婦人と一角獣」展を見に行く。観客の年齢層が高い。
特にこの日は女性が多かった。

6点からなるこのタピスリー(仏)タペストリー(英)と言う表記もある。まず、これらを見て私はすぐにボッティチェッリの「春」や「ヴィーナスの誕生を思い出した。確かに同時代だ。フィレンチェで起こったルネッサンスはフランスにも多くの影響を与え、嫁いだ王妃の持ち込んだナ...

May 21, 2013

1500年代初頭に活躍したルネッサンスの巨匠。
 


「大公の聖母」の背景はおそらく100年後くらいに黒に塗られたであろうと言われている。その無名レタッチャー(修復家)も相当な腕の持ち主だったであろうと思う。特にマリアの左手の表現がもの凄い。画面全体の雰囲気も含め、惹き込まれると言うより見れた事に感謝の気持ちすら湧いた。一点一点の見せ方が見事でイタリアで見るよ...

May 19, 2013

横浜美術館で「東南アジアの現代美術」展と讃美小舎 上田コレクションを見る。

私と同世代や若手をコレクションして来た方の展示はとても興味深く見る事ができた。アーティスト。画家。彫刻家を「支える」「楽しむ」と言う方が日本に居る事にありがたいと思った。

そごう美術館 山口晃展 言わずとしれた現代美術界のスターでもある。たとえば同じ内容の言葉でも人によって伝わり方が...

May 12, 2013


強烈な白と黒の世界。覆い焼き。多重焼き。長い時間をかけたであろう暗室作業には、写真家の言葉が紡ぎ出されていた。偶発的に起こる事すらコントロールしようと試みたであろうジャコメッリの「生」と「死」に真摯に向かい合った姿勢が人生が垣間見れた。ミラノの老人ホームを思い出した。

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

April 12, 2018

October 25, 2017

Please reload

最新記事
タグから検索
特集記事