Copyright © 2017 kentaro68  All Rights Reserved.

馬場 健太郎 | Kentaro Baba
 

1968 長崎県長崎市生まれ

1993 創形美術学校研究科造形課程修了(修了制作/高澤賞受賞)

1996 第10回ホルベインスカラシップ奨学者

2006 文化庁在外派遣研修員としてミラノに滞在。ブレラ国立美術学学校

    国内外で、コミッションワーク多数
 

1968 Born in Nagasaki.

1993 Completed Postgraduate Course at Sokei Academy of Fine Arts.

1996 10th Holbein Scholarship.

2006 Studied in Milano under the Japanese Government Overseas Study Program for Artists.

About Me

 

Solo Exhibitions

1994 - ルナミ画廊/東京
1995 - GALLERY-17/東京
1996 - ルナミ画廊/東京
1998 - 100%GALLERY/東京
1999 - オレゴンムーンギャラリー   「風に出会う」/東京
   ギャラリー山口   「彼方より」/東京
2003 - リストランテ  ビーチェ   「Presence」/東京
2004 - トキアートスペース   「Blue on Red」/東京
2005 - もみの木画廊   「LA STRADA」/東京
2007 - ギャラリーMOMO   「西からの風」/東京
2008 - アートフロントギャラリーグラフィックス/東京
2010 - 鎌倉画廊   「鐘楼の追憶」/神奈川
2013 - 鎌倉画廊   「無想」/神奈川
2016 - ティル・ナ・ノーグ ギャラリー  「Scenes Beyond」/東京

1994 - Gallery Lunami, Tokyo
1995 - GALLERY-17, Tokyo
1996 - Gallery Lunami, Tokyo
1998 - 100% GALLERY,  Tokyo
1999 - Oregon Moon Gallery, Tokyo
          - Gallery Yamaguchi, Tokyo        
2003 - Ristorante BICE, Tokyo
2004 - TOKI Art Space, Tokyo
2005 - Gallery MOMINOKI, Tokyo
2007 - Gallery MOMO, Tokyo
2008 - ART FRONT GRAPHICS, Tokyo
2010 - Kamakura Gallery, Kanagawa
2013 - Kamakura Gallery, Kanagawa
2016 - Tir na nog Gallery, Tokyo

Group Exhibitions

1992「現代の作家と弟子展」  ブレラ国立美術学校/ミラノ
    ストライプハウス美術館/東京
1995
「第3回 ギャラリー17合同展覧会」  GALLERY-17/東京
1996
「第1回昭和シェル現代美術賞展」  Bunkamuraギャラリー/東京
1997
「第2回昭和シェル現代美術賞展」  東京国際フォーラム/東京
1998
「Grande Canal Del Nagasaki」  長崎県立美術館/長崎        
1999
「現代日本絵画の展望展」  東京ステーションギャラリー/東京
2000
「VOCA展2000現代美術の展望-新しい平面の作家たち」  上野の森美術館/東京
    「第5回昭和シェル現代美術賞展」  目黒区美術館/東京
2001
「流れとよどみ」  文房堂ギャラリー/東京
2002
「Art Scholarship 2001 現代美術賞」  exhibit LIVE/東京
2003
「相貫するまなざし」  トキアートスペース/東京
2008
「絵画の春」展   鎌倉画廊/神奈川
2009
「二つの扉」展   庭園ギャラリー櫻守/埼玉
2012
「Spring of Joy」展   Gallery EM /長崎 2014年
2014
「Inner Scenery」  CHIAKI KAMIKAWA CONTEMPORARY ART/キプロス
2016
「works on paper at fog linen work」  /東京

1992 - "ESPOSIZIONE DI ARTISTI E ALLIEVI CONTEMPORANEI"Accademia di Belle Arti di Brera,  Milano 
             STRIPED HOUSE Museum of Art, Tokyo

1995 - "3rd Joint Exhibition" GALLERY-17, Tokyo
1996 - "1st Exhibition of Showa Shell Sekiyu Contemporary Art Prize" Bunkamura Gallery, Tokyo

1997 - "2nd Exhibition of Showa Shell Sekiyu Contemporary Art Prize" Tokyo International Forum, Tokyo

1998 - "Grande Canal Nagasaki" Nagasaki Prefectural Museum of Art, Nagasaki        
1999 - "Vision of Contemporary Painting in Japan" Tokyo Station Gallery, Tokyo
2000 - "Vision of Contemporary Art (VOCA 2000)“ Ueno Royal Museum, Tokyo
    “5th Exhibition of Showa Shell Sekiyu Contemporary Art Prize" Meguro Museum of Art,  Tokyo

2001 - "Flow and Stagnation” Bumpodo Gallery, Tokyo
2002 - "1st Exhibition of Art Scholarship 2001 Contemporary Art Prize" Exhibit Live, Tokyo
2003 - "Works of abstract painting” TOKI Art Space, Tokyo
2008 - "Painting in Spring" Kamakura Gallery, Kanagawa
2009 - "Two Doors" Gallery Sakuramori, Gallery El Poeta, Saitama
2012 - "Spring of Joy" Gallery EM, Nagasaki
2014 - "Inner Scenery"CHIAKI KAMIKAZE CONTEMPORARY" Paphos. Cyprus
2016 - "Works on paper at Fog Linen Works" Tokyo

 
 

「鐘楼の追憶」鎌倉画廊- 2010

「夢想」鎌倉画廊- 2013

馬場健太郎は、90年代初頭より、風景や日常の出来事、自然、思考などさまざまな場面・事象を明確なかたちとしてではなく、それらを表層とキャンバスとの間、絵の具の層の中に溶かし込むかのように油彩画を作り続けてきました。

 

特徴的なのは、イタリア・ミラノに滞在し伝統的な絵画の古典技法を学ぶなかで修得したエマルジョン・キャンバスの支持体を土台としていること、重なり合う対極的な色の層が作り出す奥行きや光、蜜蝋を含んだ油彩の物質感のある画面です。

 

無心に絵の具を塗り重ねていく自らの行為を「絵の具とキャンバスとの関係を手で実験し眼で確認する」繰り返しであり、そうして描かれた作品は「目の前の現在と記憶とを結びつける『装置』なのかもしれない」と表現する作家。異なる色同士が重なりながら徐々に厚みを増す作品は、作家にとって常に「現在」が「記憶」になっていく繰り返しとも言えます。そのなかで描き出されるものは、「無意識に記憶された風景の断片」。無心に描く行為の果て、それらの断片が画面に浮上したとき作品は結実します。

 

それはひとつの特定の風景ではなく、鑑賞者それぞれのなかにある、いつかの断片をも思い起こさせるものではないでしょうか。

表現の手法が多様化する現代、「絵画」であることを追求し、常に進化し続ける作品を楽しんでいただけたら幸いです。